貴組合再開発事業に際しての要望書

立商発246号
平成26年2月13日

立川駅北口西側地区市街地再開発組合
理事長 清水 哲男 様

立川商工会議所
会頭 佐藤浩二

貴組合再開発事業に際しての要望書

 立川駅北口西側地区市街地再開発組合 益々ご隆盛のこととお慶び申し上げます。  日頃、立川商工会議所の諸活動に際して、ご理解とご協力、ご支援を賜り、誠にありがとうございます。
 さて、貴組合の事業については、大変なご努力と情熱で、順調且つ成功裏に進まれていること、当会議所としましても喜びにたえません。
 ご案内の通り、立川市は昭和52年に米軍立川飛行場の全面返還を受け、立川基地跡地関連と既成市街地の一体的な土地区画整理事業を含む都市基盤整備事業が促進されたことにより、今日のような多機能複合型の都市へと変貌をとげてきました。
 今般の貴組合の立川市での事業開始は都市環境との調和や回遊性の向上、商業圏拡大と地域の活性化に大きく寄与され、賑わいと安らぎのある魅力的な街づくりに共に行動いただけると期待をしているところです。
 つきましては、貴組合の立川市での事業活動について、私ども地域総合経済団体である立川商工会議所とも連携を密にしながら、共存共栄と立川市の更なる発展のため、お力をお借りいたしたく、下記のとおり要望をいたします。

敬具

1、 立川市では、平成18年「立川市商業まちづくり条例」を制定しており、事業者は自分たちのまちは自分たちで作ることを基本理念として、地域コミュニティ再生を核の一つとしてとらえ、商工会議所・商店会等への加入と事業への積極的な参加を求めております。当条例の趣旨をご理解賜り、キーテナントを始めとする出店事業者の積極的な参加を要望いたします。
2、 立川市の中心市街地では、とりわけ交通渋滞等の交通対応課題が露呈しており、その状況が益々増大するとの危惧を抱いております。交通円滑化に対して、特段の配慮と対応を要望いたします。
   尚、交通円滑化対応に際しましては、相互に情報の共有化を図り、共に改善に向けて知恵を絞るための協議の場を設けさせていただきたいと存じます。
3、 今後の事業活動に際しては、環境衛生に係る廃棄物処理及び店舗管理に係る警備・清掃業務等については、地元企業の利活用を要望いたします。また、地元特産品や食材等の利活用と、更には雇用の創出に至るまで、地元密着の経営体制の確立を要望いたします。

以 上